「野毛ハロウィン」について。楽しかったです。

横浜の野毛や伊勢佐木町は、高校の先輩方が商売をしてる。卒業して近状報告に出かけると、かならず野毛界隈で一杯ご馳走になる。四十年は通っている。野毛大道芸とハロウインはスケジュールを調整して撮り続けている。当初の店主たちは物故者がほとんど。「今日は三杯でやめときな」「今日一日でなく、常連になってくれよー」と。人情と人柄にひかれて通っていた。さて、当日のスナップがあがりました。お使いのPCでいろいろボタンがあると思います。遠慮なくダウンロードしてください。お好きなように加工してもかまいません。ありがとうございました。千鳥 芦 

 

Published by chidoli ashi

ピント合わせに苦労してます。テレビドラマが大好きです。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA