「暑熱順化」=テレビ放映の感想

暑さに順応するように30分間は外出し歩く。後は水分補給する。七日程で身体が慣れてくると。関東地方の梅雨明けが7月29日に発表された。途端に猛暑日続き。悪いことに実家のエアコンがいかれた。弟と相談して半額ずつ負担して買い替えることにした。室内で33度は厳しい。夜間は窓を開けて外気をサーキュレーターで取り込み、凌いでいる。でもこの暑さは異常である。自分が学生の時はこれ程辛いと感じなかった。「熱中症」を一度体現している。当時剣道五段で合同暑中稽古会に参加した時、七人ほどお相手したら生徒の保護者で看護師さんが「先生ダメダメ」と稽古を止めた。「稽古終わりの礼」をして戻ろうとした時まっすぐ下がっていないと。自分では気付かなかったが「動きが重い」など指摘された。防具をゆるめて氷水を頂いた。扇風機の前で、首に氷を包んだ手ぬぐいを巻いて休憩した。剣道は今でも続けている。夏は「暑中稽古」冬は「寒稽古」と大変。でも楽しい。

Published by chidoli ashi

ピント合わせに苦労してます。テレビドラマが大好きです。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA